2018.07.03 

1クリックで全アプリを終了させる – Automator(オートメーター)アプリで操作を自動化

ツール


前の記事でイラストレーターの自動化について書いたので、自動化繋がりで小ネタでも。

macのアプリ一覧に居るロボ的なこいつ。

かわいいんですが何ができるのか分からない方も多いんじゃないでしょうか?

例えば、人力だと手間のかかる作業を事前に登録しておけば次回からは1クリックで行えたり、カレンダーアプリに紐づけることで何かしらの作業の実行予約をしておけたり、プリンターを使えてみたりと中々便利です。

「mac Automator できること」なんかで検索すると色々出てくるので面白いですよ。

前の記事が若干ニッチだった気がするので、今回はお手軽な「1クリックで全アプリを終了させるアプリ」でも作ってみます。

実行中のアプリを全て終了させるアプリを作る

沢山のアプリを開き過ぎて重くなった時や、電源を落とす前に全てのアプリを終了させたい時ってありますよね。もう一つづつ終了するなんて面倒なことはやめましょ。

アプリの「その他」にいるのでクリック。

するとこんな画面が表示されます。
今回は「アプリケーション」を選択します。

左側の[ライブラリ→ユーティリティ]をクリック。
「すべてのアプリケーションを終了」をダブルクリック(または右側にドラッグ)。
すると右側で、終了させたくないアプリを選択することができます。
もしも終了させたくないアプリがあれば追加しておきましょう。

コマンド+Sで保存ダイアログが表示されます。
場所はデフォルトだとiCloudになっていると思うので「アプリケーション」に。
フォーマットも「アプリケーション」に。
名前は何でも問題ありません。

するとLaunchpadの画面に作成したアプリがあるはず。
Dockに追加して置くと便利ですよ。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。