2016
11.02

もう使い方に迷わない!Evernoteのシンプルな活用法!

ツール


私がEvernoteを知ったのは3年前。
最初はメモ帳の代わりに使い始め、もっと高度に使うことができるんじゃないかと「Evernote 使い方」「Evernote 活用法」などと検索しては、なんか違うな…と思う日々。

外部アプリなどを使い、より便利な使い方をしているはずが、途中から「こうしなければならない」「きちんと記録しなければならない」という思いが強くなっていき「エバーノート、超めんどせえ!」と思うまでになってしまいました。

その後も試行錯誤を繰り返し、今では生活をする上での必需品になったEvernoteの、私なりの活用法をご紹介します。

もくじ
  1. 用途一覧
  2. 楽をするための一工夫
  3. 連携アプリ・拡張アプリは使いこなさなくていい

用途一覧

何はともあれ、気になるのは他の人はどういう用途で使っているのか?という部分だと思います。
私がヒントにしたのはこの記事。

Evernoteを十分に活用するための100の使い方

色々試した結果、用途はこれだけになりました。
基本的に「資料集」というスタンスです。

  • Todoリスト
  • テンプレート
    〜定型文や使い回すものなど。
  • マニュアルやチュートリアル
    〜わからない事があったらこれを見れば一目瞭然。
  • アカウントやパスワードなどの一覧
    〜パスワードは自分だけにわかるヒントのみ。
  • その他一覧表
    〜連絡先など。
  • 個人ブレストや思考ログ
  • Webや資料のクリップ
  • 日記
    〜日記だけの別アカウントを作成。

楽をするための一工夫

★ノートブックを作る

私の場合はカテゴリごとにノートブックを作り、関連するノートはそこに放り込んでいます。

★ノートブックの先頭に数字を振る

数字の順番にノートブックが並びます。だいぶ見やすくなりました。
必要があれば 01_2 のようにします。

★必要があればスタックにする

ノートが増えてくると階層化したくなりました。
Evernoteにはスタックという機能があるのでそれを活用します。(03_■webの部分です)

スタックについてはここがわかりやすいですよ。
http://hagane-ya.net/archives/3227

あとはノートを、ノートブックにポンポン入れていくだけです。

連携アプリ・拡張アプリは使いこなさなくていい

世の中には沢山の便利な連携アプリはありますが、何か不便を感じた時でいいと思います。
コツといっては何ですが…

  • 多機能なアプリでも必要な機能だけ使う。
  • 必要なくなったら使うのをやめる。

使いこなす必要は全くないと思っています。
ちなみに僕は何もアプリを使っていません。

この記事が何かの助けになれば幸いです。
皆さんも、充実したEvernoteライフをお送り下さいね!


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。